29歳になりました

9月29日に29歳の誕生日に肉(29=ニク)を食べる。完璧。
(こないだ大切な友達が結婚したのでその内祝いに美味しすぎる宮崎牛を頂いたのです。
ごちそうさまでしたーっ!)

こんにちは。
先日の9/29(土)に29歳になりました。

うわあああ速いーっ!時の流れは速いーっ!
28になった位から「あ、気付けば28。私も年とるんだなー」と
感じ始めてましたがもう30手前ですねえ。
(当たり前だろ!←自分だけは死なないと思ってるタイプ!やらしい!笑)

よく30手前の女性は「アラサー」とネタにされますが割と落ち着いてる自分。
あ、でも仲いい子はアラサー女性に「アラサーっ!」って事実を述べてもいいけど
仲良くなかったら石投げられるかんね。そこんとこ覚えとけよー(誰に言ってるんだ)

いやはや。前置きが長くなりましたが、
沢山の方からお祝いメッセージを頂きまして恐縮やら嬉しいやら。
本当にありがとうございます。
あー、29年も生きてこられてほんとにありがたいな。
いつも構ってくれる周りの方々、友達、家族、全ての方に感謝です。
ブログを見て下さっている方も、ありがとうございます。

28歳は退職、決断、出会い、そして旅に向けての準備の年でした。
28になってからすぐ東北のボランティアに行くようになり、
今迄とはまた違うジャンルの魅力的な人達との出会いもぐっと増えました。
一生付き合っていきたいと思える人々にも沢山出会えました。
東北支援方面で関わって下さった方々に感謝です。

今年の1月位に会社を辞めようと思い立ち、
退職してからは自分の計画と調査が足りないせいで
思うように物事が進まない時もありましたが、
その反面思いがけぬ出会いもありました。
(なので後悔はしない!だが後悔すべきは自分の実行力のなさ....。29歳の課題です。)

29歳は、「飛躍の年にする(←これ毎年言ってる;)」というよりは
20代最後の年、自分の好きなことを思い切りやる、後悔のない年にしたいと思います。

大企業に勤めている訳でもないし、キャリアも仕事もないし周りに甘えまくりですが
どこにいても私らしく生きることだけは忘れずにいたいと思います。

29歳の幕開け?として11月にアジアから旅をスタートさせます。
ただ遊ぶだけではなく、30代でのライフワークをみつけてそれにつながる旅に
するつもりです。

29歳は
・後悔しない日々を送る、好きなことを思いきりやる
・自己管理能力、自己プロデュース能力を身につける
・常に新たな出会いを。行動範囲を広げていく
・ヨガ続ける。今まで通り心地いい身体作りを目指す
(身体を鍛える、続ける大切さを前にも増してひしひしと感じる。
ヨガを始めて今が人生で一番健康な気がする。)
・前向きに、明るく。自分の周りの人位は笑顔にしたい、笑わせたい
・もうちょっと他の人がわかりやすく会話できるようになったらいいね

まー相変らずどうしようもない感じですが「なんかウチヤマがまたやってんなあ」と
あたたかく見守って頂けますと嬉しいです。
29歳のウチヤマもよろしくお願い致します。

※写真は誕生日の日に好きな人が手料理ふるまってくれた時のもの。
え、なんなの?あたい今人生のピークなの?死ぬの?あたい明日死ぬの?
って位不安になりましたが2、3日経っても生きてるからだいじょぶみたいね。
(幸せな時ほど最悪な状況が脳裏を横切る、ってね。←「ってね」じゃねえ)
あ、姉にも素敵なシャツ頂きました〜〜あたい感激〜〜!!

以上、29歳のご報告でした(?)
読んで下さりありがとうございました!!

雄勝にて灯籠流し

こんにちは〜。
アップが遅くなりました....

先日の8月13日、14日宮城県は雄勝の灯籠流しに行って参りました。
一緒に行ったのはもちろんLOMのメンバーのみんなと。

写真が多すぎるのでかなりかいつまんでの内容になります...すみません。

LOMのメンバー。

到着したら殆ど完成していた灯籠。
アンチョビ(雄勝名:タマ)が颯爽と邪魔をする。笑
カワイイ。みんなのアイドル。

市庁舎の中を案内してくださる雄勝生まれ・雄勝育ちの頼雄さん。
市庁舎の四階には今も津波の海水(+雨水)が残る。

みんなを見守るアンチョビ


さて灯籠作り

流れ作業で次々と完成する灯籠を並べてゆく

すぐ終わった灯籠作り。

仮設住宅にお醤油を届けに行きます。
(震災後に活動を再開した老舗のお醤油屋さんが常連さんに「味が違う」との声を頂き
すべて作り直したんだとか。プロです。)

2011年に開催した「ぶらぶらハノイ」展にて旅本をみなさんに買って頂いた売り上げ
(40000円)を雄勝コミュニティセンターの建設費に使って頂く事にしました。
やっと渡せた...。

義援金と呼ばれるものは誰がいくらとってどこへ消えていくのか不透明な部分が多く
(実際どうかわかりませんが私はそう感じている)
誰に渡してどこに使ってもらうかずっと考えあぐねていたのですが、
長い目でみて雄勝の活動に参加し、
一部ですが雄勝という場所とそこにいる方々と触れ合い
LOMのメンバーと東京・そして雄勝との間を結びつける役割をしてくれている
千鶴さんという信用できる方にお渡しすることに決めました。
(千鶴さんは震災後、関東から雄勝に拠点を移し雄勝の復興に尽力されています。
いつもなんの問題もなくLOM含むボランティアチームが雄勝で作業が出来るのは
千鶴さんが間に入ってうまく調整してくれているからなのです。
ここには書ききれない程千鶴さんは色んな仕事を抱えて活動されています。)

私だけのお金ではないので慎重すぎるほど慎重かとは思いましたが、
これでやっと雄勝の再建、という部分にきちんとお金を使って頂けると思います。
ひとまずこれでひと安心しました。
今後の動向もこのブログで報告していければと思います。
本を買って下さった皆様へのご報告が遅れまして申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

PRAY FOR JAPAN

今回の派遣メンバーと。

恒例。夜の呑み会。ヒートアップしてたなーなんか。

翌日は荒浜の掃除。

前は冷蔵庫とか瓦礫とかとんでもないものが埋まっていたそうなのですが
もう今はかなり綺麗になった模様。来年は泳げるかなー。

完成した灯籠を外へ。直射日光は激烈。

炎天下の為ちょいちょい間を見て休憩。焼けたなー。

雄勝の綺麗な海。
この静かな海を見る度に「この海が...」っていつも考えてしまう。


御神輿仲間?のあやこさん。

浜に並ぶ灯籠は圧巻。

「OH!GUTS!」の救命胴衣をお借りして。

灯籠を流す船第一弾。沖まで。

LOMメンバーのひこにゃん。

誰に指図されることもなくみんな自主的に動きます。

もう時刻は夜に。今回の部隊長のごーしくん。いい顔。

船の上から。綺麗すぎて言葉を失う。

来年は来られるかなあ....


どうか安らかに。

そして盆踊りして、かき氷食べて。記念撮影。

今回のスケジュールは、12日の夜に東京を出発し、13日に雄勝着。 
灯籠作りはもちろん、仮設住宅にだし醤油を配ったり、 
14日は荒浜(来年は荒浜に行くときは水着持参!)の掃除をしたり。 
(15日朝に関東着。)

灯籠流し自体は炎天下の激烈な太陽の光が徐々に弱まる頃、灯籠を海に流しました。 
時折流れ星が見える大きな空の下にたゆたう二千個の灯籠を祈るような、 
でも複雑な、なんとも言えない気持ちで眺めました。 
うまく言えないけれど、これからも私は雄勝という場所にきっと来ると感じました。
いえ、必ずまた来ます。 

今回の派遣はまたしても最高のメンバーに囲まれ、
大きな事故もなく無事終了することが出来ました! 
関わって下さった全ての皆様に感謝。 
ありがとうございました。 

スリランカフェス/ベトナムフェスに行って来た。

こんにちはー!

秋がきたー!!
秋といえばフェスー!!
でも音楽とかじゃなくてー!!いや音楽でもいいんだけどー!!
多国籍フェス!!

九月は最高です。フェスだらけ。
というわけでスリランカフェスに行って来ました!!!

ちなみにスリランカフェス(9月1日、2日)、
ベトナムフェス(9月15日、16日)です。


原宿に着いたのは夕方。友達探してうろうろ。
スリランカフェス、どんなかんじ?去年きたっけ...?

文化を伝えるブースなどなど。

残暑の直射日光厳しく。でもいい感じに混んでます。

見た事もない名前の食べ物がつらつらと。


スリランカ、何買えばいいのかわからずとりあえずサモサ(300yen)

あとなんちゃらかんちゃらっていうプリン(300yen)
どっちも美味しかったなー。

川崎大師はたまた鎌倉小町通りの飴屋を彷彿とさせるリズミカルな音を響かせる
チャーハン的な食べ物屋台のお店。

色んな角度から見えるバルーン。これ素敵。

目印となるかまぼこ型のステージもそこそこ盛り上がってました。



肉食べたくなり、チキンを買う事に。

スリランカって紅茶なの?でもチャーイもあるの?まあいいか。えいっ。
チャーイ(200yen)インドのとそんな変わらないけどちょっとスッキリ?
とチキン(500yen)甘辛いタレ。

中国の雲南省から一時帰国しているたけじーと
エキゾチック美女のマリちゃん、
フットワーク軽すぎバックパッカー美少女たけこちゃん(でも中身は男前)
と、その彼氏さん。

フェスって異国の食べ物食べたいー!雑貨見たいー!ってのもあるけど、
結局友達とワイワイするのが目的だよね。笑
あとここにくれば再会できる友達も多かったりして。

屋台の裏にはカレーコミュニティの友達数十人が円陣組んでお話されてたり。笑
一年ぶりに会えた方もいて感激!
普段ツイッターとかで繋がってるからあんまり久々だった感じしなかったけど。
面白いなー。今回は挨拶しか出来なかったけどみんな話が濃いんだよなー。笑


帰り、鎌倉歩いてたら御神輿担いでた!!
ちょっと参加したくなったわ。笑


と、日が変わって以下は
ベトナムフェス(9月15日、16日)写真少ないのでさくっと。

新宿でTくんと待ち合わせ。お、なんかお祭りしてる〜。いいなあー。

そしてこの日(すげーどうでもいいけど)ルミネの10%オフだったので
無印良品に化粧品買いに走りました。旅の準備の一環です。
旅中は水分系の荷物は質より量が求められるので
化粧水系のボトルを買い込みまくりました(笑)大丈夫か?将来。肌...笑

あと必須、下着も買いましたよ、ええ。ここぞとばかりは。
下着はちゃんとしたの買いました。
地球のどこにでも重力は存在するからね。Gからは逃げられないからね。ええ。
ルミネの奴隷とお呼びなさいよ、そう呼べばいいじゃない。

なんか必要最低限なものしか買ってないのに何万もしてしまって吐きそうになりますね...
まだまだ入り用なものどんどん出てくるんだろうなー...
保険もまだかけてないし。うぐぐ

とりあえず原宿に移動。
表参道うろうろしてたりソフトクリーム食べてたら夜に。

いい感じに夜だ。

スリフェスの夜は行ってないからわからないけど、ベトフェスの夜は大盛況だ!
ちょっとびびった。

ベトナム屋台にまぎれ埋めるように存在するタイ屋台。
あんまり日本にスリランカ料理屋さんてないの?
日本でメジャーでない(タイやインドと比べて)国のフェスには
しばしば起こりうる現象。

Tくん曰く、座ってごはん食べてたんだけど向かいの子供がパッタイ食べて
「おかーさんぼくベトナムの焼きそば、あんまり好きじゃない」
とか言ってたとか。いやそれタイだから。笑
(まあいいけどさあ...)

めっちゃ混んでますよー

そこでブンボーフエとバインセオ(それぞれ400yen)注文。
ブンボーフエは牛肉の薄切りが乗ってる白い細麺。
ベトナムで食べたときは麺にコシがなかったけど今回食べたのは
そこそこコシがあるかんじ。

ベトナム旅行してた時、日本に帰る直前にいつもの屋台で麺食べてたんだけど、
麺の上にハンバーグをトッピングしたかったんだけどお金なくて
(網で焼いててすごく美味しそうにみえた...!)
あきらめたら隣に座ってた派手なお姉さんがごちそうしてくれたなー、
貧乏なジャパニーズ。あの時のお姉さんありがとう。
(まああれブンボーフエじゃないけどね)

あとバインミー。
やっぱこれでしょう〜。

これ単体で食べると美味しいんだけど(あったかかったし)
やっぱりパンの粉が決定的に違うというか。
あっちのはタピオカの粉?が入ってるからサクサクしてるんだって。
だから何本も食べられる感じなのか....

これはこれで美味しかったんだけど、
買った瞬間に落としてキュウリが全部落ちてったよね。おお悲し。

ホイアンで食べたバインミー本気で美味しかったな。も一回食べたい。

めちゃくちゃ盛り上がってるステージ。
誰なんだろ、ベトナムではかなり有名なアーティストなのかしら。

帰り際にLOMのメンバーの一人も合流して、お酒呑みつつ雑談。
夜風も気持ちよく、いい日でした〜。

タイの「SPY」(ワイン入り炭酸飲料?)美味しいね。

へへっ、来週はインドフェスです!!!カレー!!!(興奮)

フランスからの友達&ワンダーキッチン

こんにちは〜。

もう九月ですねー。
九月にはいった途端、感覚としてわかる位に風が「秋風」に変わりましたね。
日差しもそこまで暑くない。
うわ〜〜こりゃ秋がきたぞ〜〜〜。少しの寂しさとワクワク感。
この夏の猛烈な暑さが少しずつフェードアウトしていき
秋の涼しさに移り変わる絶妙なこの季節が大好きです。(九月生まれのせいか)

そんな九月の一日(土)に。
先日、カウチサーフィンを介して連絡してくれた
フランス人のMaxとMarineと鎌倉をぶらぶらしてきました。

昼の二時に鎌倉駅で待ち合わせして、Maxの希望もあり海を通り、大仏様方向へ。
材木座海岸を歩く姉、Max、marine。
朝、雨がざーっと降った鎌倉もこの通り。晴れてます。

Maxは色んな場所を旅している21歳の学生さん。
日本には一年間住んだ事があり、会話もメールも問題なく出来るすごい人。
Marineはおくゆかしくオシャレで可愛い女の子。21歳。
日本語を三年勉強していて、漢字もかなり知っている模様。
二人はフランスでの学校の先輩後輩関係なんだとか。
(聞いたけど恋人同士ではないらしい←聞いたのか笑)

鎌倉駅〜材木座海岸〜と長谷駅で鎌倉仲間のかよちゃんと合流。
(かよちゃん撮影。ありがとうー!)
大仏様でパチリ。

大仏様、地元すぎて数年ぶりに訪れたんだけど大仏様ってやっぱりいいね。
鎌倉の大仏様が一番だ。

てくてく歩いて、お気に入りの場所「一花屋」さんへ。

相変らず可愛い。

看板。

夏は窓を開け放してます。


絶対ここ海外の方が喜ぶのではないかと...。
喜んでくれていたようでよかったです。

冷やしレモン。450yen。
あんまり甘くない。シークワーサーが入っているそう。
コップが素敵。


Marineはジンジャーエールを。ネイルかわいいなー

金魚さん

その後はMaxの希望で駅まで歩くことに。
というのもMaxはヒッチハイクで旅してるとのことで(!)
なんともフットワークが軽いのです。よく歩く人なんだわ。

そして御成通りのウラダナの先の路地に
新しく出来たカフェ・ワンダーキッチンに行く事に。

というのも、Maxがここにカウチサーフィンで宿泊してるのです。
よくお邪魔するsouk souk soukやjentecoのスタッフさんに
「新しくカフェ作ったんで遊びに来て下さいねー」と言われてたのですが
なんとそれはワンダーキッチン、ここのことでした!

前のブログでsouk souk souk のことを書いてます。

ここワンダーキッチン、元々鎌倉の長谷にあったのですが
盛況すぎて閉店という伝説を作ったカフェ。それが満を持して再始動。

店内を拝見すると、ヨーロッパ風を思わせる木造りのおしゃれな店内。
スタッフさんにお店制作の経緯(みんなで電ノコ使って出来る限りDIY)
というのを聞いてたのですがそれも納得。
そこここにオーナーの黒澤さんと女性スタッフさん達のこだわりが垣間見えます。
てか黒澤さんがプロデュースするお店は全部センスがいい...!!すごいな〜〜〜。
鎌倉にこういうお店が増えるとほんと嬉しいです。(何を偉そうに)

木のぬくもりがあったかい。

別のお部屋

ペンギンが。

壁も手作り感溢れる感じ。

階段の上から。

綺麗な青のトイレにはバスタブが。
というのも、カウチサーフィンのゲストが使う為なんですねー!

二階へ。トナカイのライトが可愛らしい。


二階は落ち着いた空間。


ベランダには植物が。


ちょっとしたパーティも出来そうです(でも閉店がちょっと早いそうだ)


本棚には旅の本やCDが。


お座敷もあるよ。


ちょっと覗かせてもらった今Maxが使っているゲストの為の部屋。
めっちゃいいところじゃないですか...!


机もあるし。なんて遊び心の効いた部屋。
カフェにカウチサーファーの部屋作っちゃうなんて、
黒澤さんほんと器がでかいっちゅうかなんちゅうか。
素晴らしい心意気だなあ。


みんなでごはん。


私が頼んだカレー。器が!月と太陽ですよ!!!!!
チキンがよく煮込まれてて美味しかったです。


Maxの頼んだ同系列のカフェのアメリカ雑貨を扱っている
JUNXのハンバーガーもここで食べられます。


そして肉がダメなMarineが頼んだベジタリアン仕様のサーモン。
(メニューにあるかどうかわかりませんのでスタッフさんに聞いてみて下さい)

ワンダーキッチンの「ワンダー」は彷徨う、という意味なんだそうです。
なのでここでは世界の料理を彷徨える=色んな国の料理が楽しめます。
次行くのが楽しみになっちゃうわ!!

最後はフランス語の発音とか、文化について雑談してましたが
二人が日中歩いて疲れただろうとのことで丁度いいところでかよちゃんと退散。

二人とも日本語しゃべれるのであんまり英語とか使いませんでしたが
日本にいて異文化に触れられるのはいいですね。
てか英語使わなきゃ!!
(でも最近教会の無料英会話に通い始めましたよ....おせーーーーよ!)

Max、Marine、姉、かよちゃんありがとう〜!!
充実した楽しい一日でした。

乞食ガールズの展示「夏虫」にお邪魔してきた

みなさまこんにちは。

こんなカンカン照りの金曜に。夏の終わり、8/31に。

乞食ガールズの展示「夏虫」にお邪魔してきましたよ。

マチコとつかぴによるアーティストユニット。
日本各地で撮って来た様々なシチュエーションの写真と共に恋文と呼ばれるポエム。

衝撃的だったり、なぜこんな場所でこんな格好でこんなポーズで
撮ってしまったんだろうという疑問は尽きない写真、
そしてそれと共に展開されるくすっと笑ってしまう恋文の中に、
時にすっと紛れ込む魂をえぐられるような文章。
その二つが絶妙に絡み合う作品はえもいわれぬ魅力を醸し出している。

えー、とかなんとか書きましたが一言でいうと
「こんなバカみたいなこと(褒めてます!!)を全力でやる人がほんとに好き!」
なんです。
その「バカみたいなこと」のクオリティがはんぱないんですよね。
(てすごく偉そうなこと書いてすみません...)
あと乞食ガールズの「なんだかよくわかんなさ」がすごく好きです。
いやもう、アーティストです、彼らは。アートなんです。

一年前の夏に乞食ガールズのサイトを発見して深く読み込んでいたのですが
その時に丁度乞食ガールズの展示が終了した間際だったんですよね〜。
それを知った時は「うわー行きたかった!」と悔しがったのですが、
今回最終日にお二人が在廊しているとのことだったので喜び勇んで参りました。
まさに一年越しの恋(?)

さて行ってきました。場所は原宿「SOL」
原宿デザインフェスタの裏隣に位置する古着屋さん。
アメリカン雑貨や服、クリエイターの一点もの等を中心に置いているお店のようです。
(可愛いTシャツ、華やかな服やアクセサリーが多かった!)

おおあった、あった。

写真オッケーとのことだったので撮影させて頂きました。

おおお、サイトで拝見していた写真も何枚か。もちろん見た事ない作品も。


まちこのイノセントな表情!
ふつうの成人男性なのになにこの少女のようなピュアな表情は...!?
何者なんだ、彼らは。
詳しくはぜひ乞食ガールズのサイトでぜひ見てほしいです

それにしてもご本人たちいらっしゃらない....。
戻ってくる様子もなし....しばらく待ってみたんだけども。
でももうこれは来年の展示(やるのかどうかわかんないけど)に向けて
思いを募らせろってことなのかな...と勝手に思い込むことに。


仕方ないのでファンキーでフレンドリーな店長さんに挨拶し、お店をあとにする。
店長さん、いなくなっちゃったつかぴさんに電話してくれたみたいで...
ありがとうございましたー!

暑すぎるのでデザフェスのカフェでコーヒー。190yenだって!やっす!
ここ去年ハロウィンパーティやらせて頂いたのですが木の位置とかを変えたそうで
なんかサッパリしてました。
ここおすすめ。世界の食べ物やら各種アルコールやら。
アートとカフェが共存する空間。なんて贅沢。

コーヒーを飲み終え、次の用事のため移動。
帰りに残暑厳しくかつ混み込みの竹下通りを歩いていると...

なんと向こうから、原宿駅の近く100均の前あたりで
乞食ガールズのまちこさんがーー!!!!

個性的且つ独特なオーラを纏わせて、竹下通りを颯爽と歩いてくる!!
あれはまぎれもない、あれはまちこさん!!!

なにを考えるヒマもなく、とっさに声をかけてました。笑
「乞食ガールズのまちこさんですよねっ?!」と。
すると初対面なのに「おお!じゃあ雑談しよう!」とフレンドリーに
応じてくれるじゃありませんかー!!!

なんてオープンマインドな方だ!!!!

そこから10分ほどどうしてサイトを始めることになったのか、
写真はどうやって撮影しているのか、恋文について....などなど
お話してくださったのでしたー。
まちこさんはどんな方なのかと思いきや笑顔の素敵な、
そしてやはりピュアなまっすぐな方なんだなという印象。
普通に話してくれました。(笑 そりゃそうだろ)

私は会場まで来る際に竹下通りは混んでるから避けたのですが
帰りはなんとなく通って帰ろかな、と思い
まちこさんも竹下通りを避けて会場まで行こうと思ってたそうなんですね。
(しかも今家から来たんそうで)
思いは通じるんだぜえええええ!!!(あくまで一方的にな!!!)

ちなみに写真は一緒に撮ってもらったもの。私すげー微妙な顔。笑
まちこさんはサイト立ち上げのきっかけにもなった
イラストレーターBoojilさんのTシャツ着用。かわいい。
Boojilさんは乞食ガールズの親友なんだそうです。

いやー、なんかかなり個人的な内容になって申し訳ないのですが
(ここまで書いといて)
大好きなまちこさん(つかぴさんにはお会いできず)
に会えたのがかなり嬉しかった展示だったのでした。
強く願えば通じるんだな!

これからも応援し続けます、乞食ガールズ。

さて移動。
これからベリーズに短期旅行に行くTくんを成田空港までお見送り。完全ノリで。
いつも地元の鎌倉からだと成田空港まで一本なので
新宿〜日暮里〜からの京成線に乗ったのは初めてかも....
シートが飛行機模様で可愛いですね。

人のお見送りなんてこれまた初めてやー。
成田空港はただでさえドキドキワクワクするのに夜の雰囲気がまた興奮するね。

でもまあ出発前に、ビザの関係でバタバタしていたようですが、Tくん。
なんとか大丈夫だった模様。

バタバタで一緒にごはん食べられず、見送って成田のサブウェイで
サンドイッチ齧って帰宅。
帰りは、もー、な〜〜げ〜〜〜の電車!笑

鎌倉に着いてから夜道を歩いていると、空には煌々と輝くブルームーン。
工事現場のブルドーザーは月光を浴びてなんだか恐竜のように見えました。

さて、私も旅の準備をしないとな。と思った夏の終わり。

帰宅したら「見かけないね」と話していたゴ●ブリが出迎えてくれたのでした...
最後の最後で出てこんでいいーっつーの!笑

タケダワーラーの「武田尋善個展 茸帽子道中見聞録」にお邪魔してきた!

こんにちは〜。

先日は友達の武田ワーラーの「武田尋善個展 茸帽子道中見聞録」に
お邪魔してきました。

場所は四谷三丁目と信濃町の間にある「The Artcomplex Center tokyo」

信濃町からてくてくと。
見慣れたペルー料理の店を通り過ぎて、到着。
このへんの路地は野良猫が多い。

お、あったここだ。

おおっ、これは。

いた〜!
武田さんは右奥の男性。

武田さんとの出会いは2009年の原宿デザインフェスタにて
武田さんと相方の鹿島さんの二人のインド料理ユニット「マサラワーラー」が
インド料理食べさせ放題!をしていた時私が突撃してからのお付き合い。
(その一週間後に私がデザフェスにて展示予定だったんですよね〜。)

それからマサラワーラーのイベントへ参加や武田さん個展にお邪魔したり、
鹿島さんにくっついてライブ会場でビリヤニ販売のお手伝いしたり、
はたまた私主催?のイベント等にも来て頂き今に至る訳です。

武田さんも鹿島さんもとにかくパワフル。
音楽ライブにライブペインティング、イラスト、料理、
マルチにこなしまくるタダ者でない二人。
気付けばオートリクシャや家屋にペイントしたり、
東北に行ったり美術館でイベントしたり。
日本を飛び出して海外でイベント成功させたり。

もうなんなんだ!笑

二人が居る所にはなにかが起きる。これからも目が離せない二人。
(二人、と書きましたが今回は武田さん個人の個展です。鹿島さんには今日会えず。)

過去のブログにもいくつか。詳しくは以下をご覧下さい。

おっ!これは!
展示にお邪魔したらかぶりたかった例の....

きのこ帽子!!(左・内山 右・武田画伯)

武田さんの奥さんユキさんが作った「きのこ帽子」!!
可愛い上に縫製しっかりしてて丁寧な作り!!笑

なぜ茸かというと、今回の展示のテーマは
『茸帽子道中見聞録』(キノコボウシドウチュウケンブンロク)
世界を旅する茸帽子。
いつまで続くのかさすらう茸帽子が語る奇想天外な旅のお話。
絵と粘土、茸帽子が旅先で見つけた土産物を展示します。
という内容だからというわけです。(コピペ失礼)


額に入った絵をじっくり拝見してきました。

展示の順番としては一応ストーリー順になっているそうなのですが、
絵を描いてからお話をつけていったんだそう。

印象としては、去年より線そのものの精度が上がっていて
タッチが洗練されてる感じがしました。(偉そうですみません;)
武田さんなにがあった?!
画材もそこまで変えてないというようなことを言っていたけど...

点描画の、気が遠くなるような細かさもさることながら
独特な世界観を歩き回るキャラクターのキュートなこと!!

こちらは武田さんの奥さんユキさんのキャラクター・プッチーちゃん。
…ではなく今回は犬のみなさんとして登場。

武田さんの作品の乗っかる犬のみなさん。笑
絶妙なバランス。

カラフルな旅人のみなさん。
続々欲しい方の元へ旅立たれていってるそう。


曼荼羅かタンカか。線画の大判イラスト。
「この絵、何本線描いても終わらない!」だそうです。笑
だって細かいもん...!


会場はこんなかんじ。

それにしても武田さん、会うとパワー貰うわ〜。
今回はモノクロ線画作品が多めでしたが
武田さんそのもののパワフルさが落とし込まれてる作品ばかりだなと感じました。
すごいな...ほんとそのパワーの源の秘密を教えてほしい...!

じっくり拝見して、みなさんとお話して退散。
なんかもう後半は人生相談というかガールズトークみたいになってたけどね!笑
ユキさんとも沢山話せて満足。というか勉強になったわ〜。

おまけ。
こんなのも廊下にあります、アートコンプレックスセンター。

帰りはノラ猫に絡まれつつ渋谷へ〜。

武田さん、来年も期待してます!!ありがとうございました。

展示は「The Artcomplex Center tokyo」にて2012/8/21〜8/26まで。
最終日(あ、もうすぐだ)は14:00〜ライブもあるそうなので是非!!!

テマヒマ展 東北の食と住 

こんにちは〜。

先日、六本木の「21_21DESIGN SIGHT」にて
「テマヒマ展 東北の食と住」行ってきました〜。

ミッドタウン周辺では夏限定でバカルティのカフェが出店しているそうで。
もう着いていきなりモヒート呑んだよね。
夏の夜風に吹かれつつ。夕陽眺めて、モヒート呑んで。夏だね!最高だね!

たまに来る21_21DESIGN SIGHT(トゥーワントゥーワンデザインサイト)


館内は写真不可なので感想をば。

展示内容は主に映像、東北の名物の展示などなど。

とくに映像がよかった。
名産品を作る工程を無駄な演出なくただひたすら撮っていくのだけど、
それが本当に美しくて。月並みな言葉で申し訳ない。

東北の厳しい冬を思わせる、吹雪の中に佇む家々と、樹々。
そこに息づく伝統の技と、それを伝承する人々。
力強くものを生み出す手と、そこから聞こえてくる何年も響いてきたであろう音。
人の手でしか生み出せないものの輝き。
あんなにお麩って種類あったの!グルテンであんなに練るの!という驚き。笑

映像は無駄なものが含まれてなくてよかったですねー。
作業する音、とふと音が止まる一瞬と、完成した時に流れる音楽のタイミング。
思わず見いってしまいました。
(映像自体は7本で一本が3〜7分、全部で30分だそうです。)

あと名産品の本物も木枠のガラスケースに展示されているのですが、
にぼしみたいな名産品の展示も、
そのものが床に落とす影もなんだか見ていて楽しかったです。
飴の展示がとくに可愛らしかったなー。
ああして名産品をじっくり眺めることってそうそうないですもんね。

あ、あとたまにお手伝いしに行く宮城県雄勝町の名産の「雄勝硯」もあって
なんだか嬉しくなりました。

あと「とらや」とコラボしたお菓子の制作過程などを追ったドキュメント?映像も
流れてましたよ。美味しそうだったな〜。

帰りに名産品を買えるかな?と思ってましたが買えず...
(そもそもここはミュージアムショップ自体がそこまでスペースがないのですが)
売ったらめちゃくちゃ売れちゃうし、これは現地に直接行けってことでしょうね。

展示見終わって外に出ると。芝生のところでなんかやってる!
ミストと音と光のイリュージョン。夏限定のイベントでしょうか。
音と音楽に合わせてミストが発射されるんですけど、けっこ〜子供濡れてたよ。
ミストっていうか水だよね....。

帰りにごはん食べようとして路地に入ると、看板ネコと蝶ネクタイのおじさんが。
なんかいい雰囲気。「BAR六本木」

それにしてもいい展示だったなー。
東北にはまだまだいいものが沢山。綺麗な風景も沢山。

東北、また行きたくなりました。いや、行こうっと。

九十九里浜におでかけ

こんにちは〜。

先日九十九里浜デビューしました。28歳にして初九十九里浜....!
いつも地元の湘南の海ばっかり行っちゃうので来た事がなかったのです。
花火とか海水浴とか、あんまり地元ばっかりでどうにかするのよくないですね。
近くていいんだけど。
 
朝早起きして。
ちょっと回り道して、市川大野でレンタカー借りていざ九十九里浜へ。
この見事な入道雲!!


市川大野から1〜1時間半はかかりましたが、なんとか海到着。
この日の気温、何度?明らかに33〜35度はありますね〜。
日差しで死ぬかと思いましたわ....。

バイクが似合う道。と青空と雲。
この日はほんとに雲が見事でした。

けっこうヘトヘトですが、海の家で焼きそば食べて。

海だーーーーーーー!!!!!

いつも思うけど、テントいいな。
それにしてもこの人の少なさ!最高!(※脳内では湘南の海と比較しています)
 
じりじり〜。
 
とりあえず昼過ぎに着いて、一泳ぎして、昼寝して。
てかこの炎天下でビーチパラソル借りないという自殺行為!
30手前だけど怖いもんなし!(いやだめだろ...)
もう昼寝でガッツリ焼けたわ〜。
 
なんかもうビキニ着たし、でも波が強すぎてポロリしたし(深夜の特番かお前は)
更に波に翻弄されて水中で一回転したし(普通するか?)
更に更に溺れかけたし(ほんと波強い!)
極めつけにポロリ二回したし(ポロリセカンドシーズン)
え、バカなの?何歳なの?
 
なんかもうこの年でいろんな初体験。
あ、好きな人と海に来るというのも初体験かも。これは貴重だな。
(夏にこうしてレジャーを楽しんでくれる人と付き合ったことがない。)

帰りに着替えてかき氷。夏のかき氷ガール。

最高だぜ

帰りは車を走らせつつ田んぼを眺めて。

いや綺麗!田んぼ萌えー!!走りたい!


帰りは綺麗な夕陽も見られました。

まあ帰りは渋滞に巻き込まれたりしたけど。笑
夜お風呂のときに耳からガサガサ音がして砂出て来たりしたけど。
(九十九里浜の音だね!そうだね!)
うーん、なんていい夏休みなんだろう。

夏ってほんとに短い!残暑のこの暑さも全部楽しもう。

後日、ビキニ跡ががっつり残りました!日焼け止め塗ったのにねっ!
皆様もお気をつけて.....。

鎌倉八幡宮のぼんぼり祭

こんにちは〜。

先日鎌倉の八幡様のぼんぼり祭りにでかけてきました。一人でトコトコと。

毎年有名人(漫画家さんや俳優含む)のぼんぼりが展示されることで有名な
鎌倉のぼんぼり祭り。
毎年恒例らしいんだけどちゃんと見るのは初めてなのよね〜。

夜に弱いカメラを間違えて持参した為iPhoneの画像でご覧ください...
(たまに一眼レフカメラより使えることがあるiPhone。素晴らしい)

ここ入り口。
段葛は一般の方のぼんぼりが展示されてます。
ただ節電の影響か、電気がついてないものもちらほら...
てか電気ナシの方が多かったかも。う〜ん仕方ないのかなあ...;

でも上手な絵のぼんぼりはみんな写真撮ってました。

ここで一眼首から下げてたらバズーカ砲みたいないいカメラ持ったおじいちゃん軍団に
「ISO感度いくつですかーっ!」と聞かれ
「1600ですーっ!全然ですーっ!」と答える場面も。笑
全然あかんわ、ISO感度1600じゃ戦えない...笑

ここ八幡様。
もうね、なんかすっごい人なんですよ。
ちょっとくじけそうになったんですけどね、
せっかく来たのでぐるっと見て帰りますよ、ええ。←えらい弱気。

鎌倉在住の安野モヨコ先生の絵。綺麗。

これはツイッターでも話題になってたエヴァンゲリオン3のエヴァ。
庵野秀明監督。安野モヨコ先生の隣。ご夫婦だから?

漫画家さんの絵は割とひとかたまりに飾られていて、
ひっきりなしに皆写真を撮って行く....(私もその一人)
そのせいか?オタクっぽい(失礼)男子二人が絵の前からなかなか
動いてくれなかったです;笑でも見たいよね..。


「風と木の詩」で有名な竹宮恵子先生の絵。
生の絵初めて拝見しましたわー。貫禄。

あとは折原みと先生とかね。


階段を上がり、お参りに。

手前の舞殿ではなんかイベントやってました。
そこでおみくじ引いたんだけど末吉とか吉でした。(覚えてない)
大体20歳こえた位から大吉引く事がめっきりなくなりましたね。
子供のときは必ずと言っていい程大吉ばっかりだったのになー。なぜ?
一度正月に凶引いたけど。

お参りして、階段途中にある鳥のぼんぼり可愛いから写真撮って。

あまりの混雑ぶりに長居はできん、と早々退散。
いやー、混んでた。

帰りに俳優の榎木孝明さんのぼんぼりあったけどもはやスルー。
こんなに有名だったのね、ぼんぼり祭.....
来年は行くかどうかわかんないけど笑 行けてよかったです!


鎌倉・材木座海岸にて

こんにちは〜。

ただいま鎌倉の材木座海岸すぐの海の家にてお菓子「かむかむレモン」の
10周年キャンペーンやってます。
というのも五年前位にいた会社でかむかむレモンのキャラデザをしたことがありまして。
(て、これ書いても大丈夫か?ま、いいか)

会社辞めてもこうしてキャラが生き続けるのってなんか変な感じ。
でもありがたいね。

よかったら鎌倉に行かれる際に覗いてみて下さいね。

かむかむレモン公式サイトはこちら
なんかサイト変わって賑やかなことになってる。笑


レモン食べて熱中症を防ごう的なキャンペーンらしいです。

わあすごい。すごい


キャンペーンガール?のおねえさんに撮影させて貰った。
「こないだそのTシャツ買いたいって方いましたよー」と教えてくれました。

笑顔が素敵な二人。
撮影ありがとうございました〜。

もいっかい位いってみよ。笑

<< | 2/195PAGES | >>

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM