悪友が亡くなってから思うこと

震災の来る直前、去年の二月末に友達が亡くなった。

私は先日友達づてで知った。
色々事情はあったにしろ、彼の死を一年もの間知らなかった。

ここに書くこと自体どうしようか考えたのだが、書こうと思う。
不謹慎なことも書くかもしれないが、
彼との私の関係性なら許されると思うので、あえて書く。

彼は、大学時代の友達だ。
大学一年の時から、数人の友達でよく遊んでいた。
深夜のパソコン室に残って課題をしたり、夏に田んぼで騒いだり。
三年になるとゼミも一緒になった。

彼は20になるかならないかの年齢で、なんでもかんでもしたり顔で批評したり、
ダメ出しする奴だった。
図々しくて、図太そうに見えるけど本当は繊細で、独特な世界観を持っている人だった。

今思えばだが、彼はいつも消え入りそうな佇まいをしていた。
当時は冗談だったが、私はよく

「○○(彼の名前)、いつも細い道をゆらゆら歩いててさ、
右が生きる方で左が死んじゃう方で。でも今日は割と元気だね」

とかなんとか言っていた。(勿論死にそうな方に寄ってる日もあった)
今思うとなんて不謹慎なんだろう。
でも変な言い方をすると、すごく死の影が濃い人だった。

当時彼には付き合っていた彼女がいたが
(彼が亡くなる時まで付き合っていた最愛の彼女だ)
私と彼の仲が男女の関係とあまりにかけ離れた感覚だったので、
一緒にカンボジアとタイに行った事があった。
なんでも知ってそうな態度をするくせに、旅の途中では何度も落し物したり、
割とこいつは抜けてるな、とわかった旅でもあった。
(でもけっこう喧嘩もしたので私の抜けてるところも沢山気付かれたと思う)

何かとくせのある人だった。
大学を卒業し、在学中は
「作品を作って賞をとる」やら「会社やめてあれしたいこれしたい」と言っていた友達も、
企業や会社に就職し、しばらく経つと、皆安定した生活を選ぶようになっていった。

でも彼は(私もだが)卒業してもふらふらと定まらず、
時々働いたりたまに作品を作る日々だったと思う。
新進気鋭のデザイナー事務所に就職が決まるも、一週間でやめてしまったり。
面白いものを持っているのに、それを表現する術を
今生きてる場所には見い出せてないようにも思えた。

私はふらふらしている彼に「こいつほんと不器用だなー」と思いながら、
自分と重ね合わせていた部分があったように思う。
「どうしようもないなー」と呆れながら、親近感を持って。

お互いお金とやりたいことのかねあいや、社会においての自分の立ち位置や、
そういうもやもやしたものに釈然としない思いで生きていた部分があった。

私は私で新宿の制作会社を退職した後はインドに四ヶ月行き、帰国した後は
就職して何社か渡り歩いたが仕事は二年以上続かず(色々あって)、
世界一周の夢も遠く、地元を離れたり、体調を崩したりもがいていた時期でもあった。

彼とは、卒業したあとはもちろんぐっと会う機会は減ったが、
年に1、2度は会ったり電話していたと思う。

彼は基本ネガティブで文句ばかりなのに、たまに電話すると励ましてくれたりもした。
インド本を自費出版した時も、
「きちんと形になってる。うっちーはすごいよ。前進してる。」
とメールをくれたりもした。(当時のメールを保護していた)

会うと相変わらずげっそりと不健康そうな感じで、
(でもいつも不健康そうだから不健康はデフォルトだった)
「おれ将来、浅草とか、場末の喫茶店で働いてそう。
客はどうしようもないおっさんばっかで、煙草の煙にまみれて。」
と冗談交じりにそんなことを語っていた。

彼が亡くなる二ヶ月前ほど、2010年の冬だったか、私は都内のシェアハウスにいた。
久しぶりに会おうと彼に連絡をし、有給休暇が余っていたのでとった。
だが彼は当日になってドタキャンした。

当然私は怒った。

メールで
「今日はごめん、ほんとにダメだ。必ず埋め合わせするから。」
と理由も告げず彼は謝り、私は呆れ、怒ったまま、連絡を取らなくなった。

こいつは絶対に埋め合わせはしないだろうという確信の元に。
向こうから連絡があれば話をしよう、と思っていた。

そして2011年。二月末に彼は自ら命を絶った。

ようやく今年、2012年になり彼の死を知った。

ああ、やっぱりな。彼は埋め合わせをしなかった。
彼の死を友達づてで聞いた時、びっくりしたけどそんなことも思った。

28年生きていると沢山の死に出会うけど、本当に残念だと思う。
残念じゃない死なんてないけれど、
今思えば、彼は将来のビジョンが描けなかったんだな、と思う。

一緒に年をとるはずの友達が一人一人減っていく感覚。
そんなものはまだまだ先でいいのに。
一緒に年をとりたかったなあ。
いくら将来のビジョンが見えなくても、死んだら終わりなのに。

もうあのしたり顔でのダメ出しやネガティブな励ましを聞けないのは悲しい。
自分となんとなく似ている人からの言葉は、不思議とすっと胸に響くものがあった。
もうあれが聞けないのかと思うと、やはり悲しい。

そろそろ彼の一周忌だ。

私は彼がいなくなった今も会社では働いてはいるものの、相変わらず
世界一周だなんだとフラフラして、全く立派でもなんでもないなと我ながら思う。

でもいつか彼にまた会った時には、ネガティブで後ろ向きな彼に褒めて貰える位には、
後悔しない生き方をしていこうと思う。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/20 12:02 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/20 2:17 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/20 4:05 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/21 7:01 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/23 11:49 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/23 9:43 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/24 4:45 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/25 11:56 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/26 3:09 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/26 11:31 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/28 1:26 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/30 9:33 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/11 6:27 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/11 4:24 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/11 6:09 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/12 5:13 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/12 7:18 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/13 11:06 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/14 4:57 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/14 12:32 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/16 6:25 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/16 5:25 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/16 8:44 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/18 5:33 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/18 9:53 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/29 8:19 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/29 9:13 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/30 11:50 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/30 4:34 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/30 4:46 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM