鎌倉の朝を彩る 「3CAFE」

おはようございます。朝じゃないけど。

先日は鎌倉友達のようへいさんがやっている「3CAFE(SUN CAFE)」
お邪魔しました。

3 CAFEとは...
鎌倉裏駅からほどちかい「鎌倉美学」というお店で
平日朝7:00〜9:00限定でやっているカフェ。
メニューはコーヒー、チャイ、軽食などなど。
自慢は一つ一つ丁寧にハンドドリップでいれたコーヒー。

私は歯医者に行く前にお邪魔しました。

月曜日にも関わらず、ほぼ満員の店内。大盛況。
カウンター内で黒のロングエプロンを着けコーヒーをいれる
ようへいさんに挨拶をして、チャイを注文。

窓近くの席に座り、しばし読書。

きました、優しい味のチャイ(390yen)。
バゲット付いてきます。

夜はライブなども多数開催する鎌倉美学。朝はまた雰囲気が違います。

お店の玄関。

30分ほどお邪魔して、そろそろ歯医者へ。
帰りに少しようへいさんとお話をば。

元々鉄職人のようへいさん。
3CAFEの看板はなんとようへいさんが自ら作ったんだそう。えー!素晴らしい!!
出来ることが二つあるといいなあ。鉄と、料理と。
手塚治虫も夢は二つ持てと言っていたもんなあ。

窓から差し込む光と、かすかなコーヒーの香り。
他のお客さんの話し声なども心地よく感じられる店内。うんうん、いい時間。
でもなによりここの雰囲気が素敵なのはようへいさんの存在かも。
落ち着いてて、職人気質な感じ。

持ち帰り用カップ持ってそのまま仕事に行く人もいるし、
確実に「今日の仕事ははかどりそうだ」とか「今日も頑張ろう」と
思わせてくれる、そんな時間を提供してくれるカフェです。

朝早いものでなかなかお邪魔できなかったのですが、今回伺えてよかった!
他の鎌倉仲間にも会えたし、ちらほら知ってる顔もみかけました。さすが鎌倉。笑

「いってらっしゃーい」

朝の澄んだ空気の中、気持ちのいい太陽(SUN)の光を浴びながら、
みなさん是非3(SUN)CAFEへ。

ちなみにようへいさんの名前は陽平です。
おお、なんかいいことありそう。笑

カフェ「terre verte(テールベルト)」

こんにちはー。

今日は姉と鎌倉てくてく散歩。
あったかいねー、いいねー、幸せ。

今日はちょっと歩いてカフェ「terre verte(テールベルト)」に行く事にしました。

鎌倉駅から、歩いて15分位。

おしゃれパンツのお店「Yipun Man
鎌倉のカフェの草分け的存在「ヴィヴモンディモンシュ」前を通り過ぎ、
踏切を渡り、いつも行くベトナム系カフェ「ソンベカフェ」を横目に
ロミ・コンフィチュール」を通り過ぎ.....

おっ、横須賀線沿いに来ました。
このへんはあまり来た事がありませぬ。
横須賀線に乗ってる時はこのあたりの風景はよく見るけど。


自然が多いー。
あ、なんかいい感じの散歩ルートです。
このまま歩くと北鎌倉ね。

すると見つけた、カフェ「terre verte」の看板。

あー、あった!綺麗な白い建物です。

ありました、これこれ。
ちなみに「テールベルト」とは青い絵の具の名前のことだそう。

中は平日にも関わらず、席数はそれほど多くないものの、満席。
というわけでテラス席。
姉。パシャリ。

深煎りコーヒーを頂くことに。
ミルクの入れ物が小さいビーカーのような形でかわいい。

自然の多い静かな場所なんですが、
時折聞こえる横須賀線の線路を走る音が静寂を破ります。


元々店主さんは家具職人さんだったそう。
3年前に鎌倉へ移住し、材木座に住まいを構えていたんだとか。
でもここへ引っ越してきて、2011年は一年間お店の準備をし、
開店までこぎつけたんだそうです。

さすが元家具職人さん。おしゃれな家具と素敵な雑貨。
一つ一つ手に取りたくなっちゃいます。

本も置いてあります。
店主さん曰く「鎌倉の漫画喫茶を目指そうかと(笑)」と仰ってました。
こんな落ち着いたおしゃれな空間で漫画(以外もあります)読めるなんて。
鎌倉っぽくていいなあ。笑

ここで「おなり青空マーケット」のちらしを見かけ、
偶然お茶を飲んでいたマーケット主催のイラストレーターのマルシェルさんと
お話させて頂く事に。

その場で姉はマルシェルさんと相談して、マーケットに出店させて頂くことに決定。
わあ!歩き回るといいことあるなあ(笑)
(私はトルコ行きが決まっていたのでマーケットには出られないのですが)
次回は参加させて頂きたいな〜〜。

カフェ「terre verte」
ぽかぽか陽気の鎌倉をてくてく歩いて訪ねてみてはいかがでしょうか。
ほっとできる落ち着いたカフェです。おすすめ。是非。
営業時間などはサイトをご覧くださいね〜♪

女川カレーフェア!

こんにちはー。

先日2/27(月)〜3/4(日)まで
鎌倉のカフェ・レストラン・その他飲食店で「女川カレーフェア」が開催されました。

【女川カレーとは....】
鎌倉を拠点に活動するちきゅうの子22の蓮見兄弟さんと、移動チャイ屋のバラッツさん
津波で甚大な被害を受けた東北・女川で炊き出し活動を行う中で生まれたカレー。

何度も現地に足を運び、彼らが活動する中でわかったことは、
「炊き出し活動も必要だけど、これからの女川に本当に必要なのは雇用」だという事。
そして「女川カレープロジェクト」は発足されました。
月に3000個女川カレーが売れれば2人の雇用が可能だそうだそうです。

優しい味で大人はもちろん子供やお年寄りにも食べやすく、
マサラ(スパイス)効果で身体も温まる、
かつアレンジもしやすいので魚介類・肉・野菜なんにでも合う万能カレー。
何度も食べていますが、油っこくないのでいくらでも食べられます(これは本当に!)

女川カレープロジェクトの彼らは女川カレーを全国展開すべく、
女川を復興すべく奔走しています。
私が蓮見さんとバラッツさんと女川を訪れた際には建設途中の工場を
見ることが出来ました。
そして今はいくつかの都道府県でも購入できるそうです。
流行りで終わらせず、女川に雇用を、という彼らの強い思いが伝わって来ます。

今回はそんな女川カレーを使った様々なメニューが鎌倉の飲食店で食べられるとのこと!
いってきました。ワ〜イ。

ちなみにヨガ後に訪れた鎌倉中央食品市場の
パラダイスアレイのカレーパンは売り切れでした。(残念)


訪れたのは鎌倉・長谷の「woof curry」さん。

存在は(近所なので)知っていましたが)初めてお邪魔しました。
白塗りの、元々は洋裁店だった建物を改装したカレーを出すお店。
オシャレな家具が並ぶ二階。

木造りの階段。


洋裁屋さんから貰い受けたミシン。

一階のレジが見える吹き抜け。

のぞいたところ。

清潔でおしゃれな店内。

二階の窓からはお向かいの鎌倉彫「陽堂」さんが見えます。
ここの跡取り息子は小学校の同級生くんです。(いらん情報)

良い感じの店員さんと話したり、窓の外を眺めていると....

来ました!
今日は「女川カレーのポタージュ」と「ベイクドチーズケーキ」を注文。


なんと女川カレーがポタージュに!!

いただきます。
うーん、優しい味!
なんと大根のすりおろしが入っているそうです。
店員さん曰く「朝にも食べたい味」。たしかに!
市販のカレー粉にありがちな油っこさがないので胃に優しいと思います。
なんか私女川カレー関連だとほんとゴクゴクいけます....(笑)
パン欲しくなった。笑

今回初めて参加してみた女川カレーフェアですが多分また開催されると思います!
皆さまもよかったら女川カレー是非一度召し上がってみてください〜!

各店舗でも購入できると思います。
詳しくはここから→女川カレープロジェクト

鎌倉のお店「OXYMORON」

こんにちは〜。

最近もっぱら週末は悠々鎌倉にこもってます、内山です。

ていうかね、文句いっても仕方ないですけどね、寒いですよ。
年々身体が弱ってんのかな〜と思ったけど今年は平年より寒いらしいですね。
暖冬の対義語は寒冬というらしいですが、それかしら。

ニュースで「冬長く、春遅し。」って言ってましたが、
んなこというなや!と思いましたけど...
なんかもう寒いと活力が奪われるというか....あ、やる気の問題?
そりゃ寒い国の自殺率上がるよ。春待ち遠しいわ。関東にいる私でも待ち遠しいもん。

あ、春といえば。トルコ行きのチケットをとってしまいました。
旅はいつでもパッションと共に。
正月中、ずっと
「黄金休暇(ゴールデンウィーク)のチケットとるならもうとらないとマズイよな」
と思いつつじりじりしてました。
むしろもう遅いんじゃ?とか高いんじゃ?と思ってたら
(黄金休暇に旅行など行ったことないので未知の世界なのです)
意外にもそんなことはなかったので、.....そりゃもう。ねえ。

正月明けて1月4日、出社してからの朝会が終わり、ユニットマネージャーを捕まえ
「4月にお休み欲しいんですけどおー!!!」
と告げると「なんとかなるんじゃん?」と言われたのでそのまま携帯をつかみトイレへ。
すぐ旅行代理店に電話してチケットおさえました。

旅はいつでもパッションと共に。(二度目)

もうわくわくですよ!
服もろくに買わず平日はお弁当持参で殆どお金を使わず、
毎月貯金もしつつの日々ですが年に一度の旅行は我慢できません!!!
それにしても黄金休暇に海外なんて社会人ぽい!笑

えーまあかなり無理やりですけど驚異の17連休を作り出しました。
ええもう錬金術ばりに。え、対価交換?
そりゃまーお金と時間は減るけど、得る経験や人脈に勝るものなし。
その為に働いているのです。

聞いたとこによると病欠以外でそんなにお休み取る人はまずいないそうです。
(こないだ精神的に病んで半年休んでた人はいましたが...)アッハッハ。

まあ春先の楽しいイベントてんこもりのゴールデンウィークに日本にいない訳ですが...
日本飛び出してきます!

関係ない話してしまいましたが、先日ヨガの後に
鎌倉・小町通りの「OXYMORON(オクシモロン)」に行ってきました。

ここおしゃれなんですよね〜。
同じ建物に入ってるアクセサリーショップ「gram」もすごく個性的で素敵なお店。

一階は「gram」、二階は「OXYMORON」。

オクシモロンとはパラドックス(逆説)という意味があるそうです。


カレーが有名なお店なのですが、今日は
前回売り切れだったかぼちゃプリンを食べに来ました。

いつも並んでいるので休日の昼間はなかなか入りずらいのですが、
今日は午前中雨のため少し空いてました。ラッキー。

こちらのドアから入るのですが、珈琲の講習?してたのでもいっこのドアから入ります。

店内に入り、「かぼちゃプリンありますか」と聞くともう季節メニューは
変更されてしまったとのこと。
がーん

なのでプリン・ア・ラ・モードを注文しました。
かぼちゃはまた今年の後半(10〜12月位?)を狙って再訪しようと思います....
ちなみに電話したらキープしておいてくれることもあるそうで。
あと今度は栗のプリンはオンラインの方で販売するとかしないとか。
食べてみたいー。

でーん!プリン・ア・ラ・モード(800yen)きたー!!
+コーヒー(500yen)をオーダー。
うまーい。

ぴかぴかです。
(あまりに可愛く、かつiphoneを新しくしたので調子に乗り何枚も撮影してしまった...)

なんて魅力的なビジュアル。
レトロな器にバニラビーンズのちら見えする正統派のプリン!
でもプリン自体はそんなに甘くなく、あくまで自然の風味。
アイスと生クリームの甘さとマッチして丁度いいかんじ。

店員さん曰く、
「これを出すとお客さんが喜んでくれるから私も嬉しいんです」
とのこと。素敵なこというなあ。笑

私のプリン見て隣のカップルも歓声あげて、「お腹いっぱい」と言ってたのに
すぐ後に「メニュー下さい」と言ってました。笑

ヨガ後のあとの甘いもんは格別じゃぜ。
(「私太んねえから。」といやらしいどや顔で)

ここのお店のスタッフさんとしばらく話したのですが
仰ることがすごくおちゃめで素敵!
働く姿が楽しそうで、お店のことが大好きなのが伝わって来ます。
そういうのって全体的な雰囲気となってお客さんにしっかり伝わるんですね〜。
今度はカレー食べに行こうっと。

そのあと横浜に行き、終わりかけのセールを遠目から眺め、ノートを買って鎌倉へ。

いつもお世話になってるソンベカフェさんに挨拶。

抹茶ラテ(520yen)をオーダー。
毎週来てますが、いつも休日は混んでるので人が少ない時間を狙ってくるのです。

今ここに東北のアクセサリーを置いて頂いているのでそのご相談等等。

卓上にさりげなく置かれた可愛いお花。

鎌倉の有名人のソンベカフェ店主の宇治さんと話していると
「地元・観光客の方々に長く愛されるカフェ」って
結局店主とカフェスタッフさんの人柄なのかな〜と思います。

素敵な人が素敵なカフェを作る。そこに素敵な人々が集まる。
鎌倉にはそんなカフェが沢山あります。

そんなことを感じた週末でした。

もっとカフェ紹介しけてたらいいな〜!
(ま、地元民だけど実際そんなに詳しくないのです、あはは。)

つかiphone4S代えてほんとよかったな...今までのと画質が全然違う。
ブログの写真、普通に使えるね〜。素晴らしい。

一花屋さん in 冬

イベント翌日、というか24日の夕方、久々に近所の
てぬぐいカフェ「一花屋(いちげや)」さんを訪れました〜。

一花屋さん、たまにしか来られないんですが大好きなカフェです。
女主人さん(女将というんだろうか?今日はいらっしゃらなかった)も、
古民家独特の雰囲気も、置いてあるてぬぐいや小物、空気すべてが。

琉球グラス?かな?のぐいのみ

こんな寒い鎌倉の夕方なのに沢山人がいました。

展示・販売してる茶器や本などのグッズ類。

「核兵器反対」看板だそうです。

姉の彼氏りゅーじーぬ。
イベントの時はずっとバーテンでお疲れ様でしたー。

今日は「ほうじチャイ」を。素敵な器。
砂糖いれると美味しさが増します。
お店のお姉さんにりゅうじーぬはがつがつ茶器のことを聞いてました
(器好きらしい)

ゆっくり。

置いてある小物も素敵。

さかなクン。(て、金魚だけど)

縁側の二人席いいな。

ゆっくりお茶飲んだ後は夕陽を見るために海岸に出て、てくてく歩いて帰ります。
姉ら「お腹すいたー」と。

澄んだ空気に消えてく夕陽が美しい。
「鎌倉に住んでてよかったー」
と心底思う瞬間です。

帰ると家にはチキンが。クリスマス、yeah。

「............................。」

とびサンタが出迎えてくれました。

そのあとも起きては誰かにだっこされるとび。デカイ。
(母に抱っこされるとなぜか「ドヤァ」とした顔になります)

ちなみにこれ、「一花屋」さんで買った古本「更紗」

ビビットだったり、懐かしかったり、目が覚めるようだったり
鮮やかで艶やかな色んな色が沢山詰め込まれた本。
(黄色いライトの下なので色がちょっと変わってしまいましたが)
いい本買った〜。大事にします。

休息と、家族と過ごす時間と。こころ満たされた、いいクリスマスでした。

鎌倉の小町通りのカフェTakeyaさん

 28日の天気のいい日曜日、小町通りのTakeyaさんに行ってきました。

実は姉がデザイナーをするかたわらここでバイトを始めたというのでぜひきて〜とのことで
のこのことお邪魔してきました。

しかもTakeyaさんに向かう途中、
「小町通り混んでるから裏道通って行こう」
ソンベカフェの前を通りかかると.....
(普段ソンベカフェに行くことは多くても通ったりすることは皆無)

なんと大学の仲良し同期のさっきゅん、やっちゃんが
テラスでお茶を飲んでるではないですかーっ!笑

こないだソンベカフェの13日の展示にも来てくれたデザイナーのかわいこちゃん二人。
二人は住まいがさいたまと東京なのでなかなか鎌倉には来ないそうで...
なんつーかレア〜!!(展示の時が何年かぶりの鎌倉来訪だったとか....)
しばしびっくり&興奮のあまり騒いでしまいました。
(宇治さん、お店のスタッフさんごめんなさい)
二人は今日鎌倉アルプスという山に登ったそうです。来年の富士山に向けて。
そうだったのか〜。

いや〜こういうことってあるんだね〜。
でも他の大学同期のちゃことはベトナム行く途中の韓国のトランジットで会ったり
するからなにかどっかでやっぱり引き寄せてるのかも。笑
嬉しい再会でした。

二人に別れを告げ、急いでTakeyaさんへ。
場所は小町通りの中ほど、クレープ屋のコクリコの斜め前あたりです。

ここがTakeyaさん。
白い店内が印象的です。

かわいいロゴ。
食事系とおやつ系ガレット、ドリンクとお酒と珈琲を出すお店です。

左が姉、右がお店のご主人。
お店はこじんまりとしているものの、光の差し込む明るくて清潔な店内。
木の家具も白い壁にマッチしてます。

姉。
りんごのお酒をごちそうになりました。(和風のぐい飲みで)

りんごのお酒。器は違うけどメニューにもあるそうですよ

姉に窓際に座ってもらいました。

壁の鏡とかもオシャレです。

ご主人がガレットを作って下さいました〜!
中に卵とチーズとハムとトマトが入っていて、あったかいトマトと
チーズの甘味とハムの塩気がちょうどよくぺろっと頂いてしまいました。

これもメニューに出るらしいバニラの乗ったガレット。
パリパリで美味しかった!

たまにはこういうベタな写真も載せとこう。

姉の彼氏りゅうじーぬがデザイン作業の合間に遊びに来ました。

今はプレオープンなので15:30〜に閉店したりしていますが、
これからは夜もお酒を出す空間としてオープン予定。

いいですね〜。
今回は頂かなかったけど姉いわくここは珈琲がめちゃくちゃ美味しいとのことです。
次回行ったらオーダーしよう。

それにしてもガレットってお菓子なのか食事なのか微妙な立ち位置だったのですが
すごくきちんとおなかにたまるしこれは普通に食事としていけますね!
お菓子系はまた焼き方とかが違っててお菓子としてもちょうどいいし。
ガレットって美味しいな〜。そば粉だから身体にもいいしね。

またいこうーっと。

そしてこの日は材木座の亀時間のイベントに移動したのでした!(まだ食べる!)

8月7日ソンベカフェ10周年!!

 先日の7日、「ぶら!!ハノイ展」開催中、
ソンベカフェで10周年のパーティーがありました。

お店が建ったりすぐ無くなったり、入れ替わりの激しい鎌倉のお店の中で
10周年てなんてすごい!
これもオーナーの宇治さんの人柄とスタッフさんの気持ちよさの賜物ですね。

そんなこんなで夜お邪魔してきました。
大学同期と会社の同僚も来てくれて最高の夜になりました!

到着する前にももう人のざわめきが聞こえてきて、いつものソンベカフェの
様子と違う〜!とびっくり

鎌倉や湘南で活動するアーティストの方々が一同に会す小規模でありながら
大規模なイベントでした(笑)

われらが宇治さん。
それにしても若いな〜。鎌倉においてはかなりの有名人の宇治さん。
顔広すぎです。
今回の展示もすべて宇治さんのご厚意ひとつで開催と相成りました。
本当に感謝です。

ソンベの雰囲気もいいけど料理もおいしい!
普段食べられないような野菜の炒め物とか惜しげもなく(笑)
外でバーベキューセットで焼かれてたお肉もおいしく頂きました。
(ちなみにこの日は1000円で食べ放題。飲み物は料金別)

左は高校〜大学同期の友達の野田。右も大学同期のまーしー(脚本家・監督も時々)
まーしーが10キロ痩せたとかなんとかでいじりまくりました。
(すごすぎるよ!)

けっこうな遠くから来てくれた大学同期のちゃこ。
私がベトナムに行く途中韓国乗り換えの時なんと偶然ちゃこと同じ飛行機だったという
出来事がありました。
ミラクルすぎるだろ。(ちなみにその時ちゃこはフィジーに行く途中)

久々に大学同期と会えて、わけわかんない位笑いました....

私は鎌倉に小学4年の時に引っ越してきてずーーっと鎌倉ですが、
鎌倉ってこんなに歴史があって、パワフルで、素晴らしい場所なんですね。

一度都内に住んでみて今年の1月に戻ってきたのですが、
それから...というより年や体験を重ねる度に
地元鎌倉へ対する愛着が強くなっていくのを感じます。

でも鎌倉の人々を見ていると誰がが「鎌倉は30(35歳)から(?)」と
いう言葉が思い出されます。

なんというか馴染めないわけではなく、まだまだ
あの中に入っていくのには程遠いなと。30代になればわかるかしら。

でもなんというか鎌倉ってほんと「音楽」「旅」「自然」を愛する人が
集まる場所なんだなと。
私が旅好きになったのは必然なのか。

よくわかりませんが、好きな人に囲まれよく笑い、よく食べた素敵な夜でした。



てぬぐいカフェ一花屋さん

今日は用事を済ませたあと、雨の降る中近所の「一花屋(いちげや)」さんに
行って参りました。(江ノ島電鉄長谷駅から徒歩6分くらい?)

昨日の春の空気はどこへやら....。
いきなり冬へ逆戻りです。
都内ではみぞれが降ったとか。ほんとにい??!

携帯で撮影したため(iphone修理中)ちょっと画質が悪くて申し訳ない。
畳、そしてちゃぶ台とてぬぐいに囲まれた店内。

縁側のソファ席を陣取ります。
雨が降ってますがここの縁側に座ると風情ある風景に早変わり。
ひょうたん、いい味だしてるう。

ビールの宣伝。

このお店はよくワークショップとか散歩イベントを開催するのですが、
今月(二月いっぱいだけ)韓国フェアをやっていたのです。
今日は最終日。間に合ったセーフ。
手打ちうどんイベントは大人気でこないだ行ったらお店にみっちり人が
入っていてうどんも売り切れ、食べられませんでした(!)
次回リベンジ...!

今日はピビンバとチゲと迷ったあげく
手作り豆腐のチゲ鍋とごはん、二色にんじんのなます、かぶの漬け物、小魚、
青菜などなど目にも鮮やか、身体温まる昼食を頂きました。(1000yen)
チゲは辛すぎず、優しいお味。
かぶの漬け物シャキシャキしてて美味しかったなー。

持って来た地球の歩き方を読んでましたが
お店番をしてる方のお知り合い?主婦の方々と赤ちゃんご一行が来たので退散。
なんかここのカフェ、赤ちゃんがよく来てるイメージなんですが
畳だから赤ちゃんにも優しいよね。

ちょっと冬場は足下が寒いんですけど、家具とかストーブとか
レトロなものに囲まれる雰囲気が好きでよく行きます。
お皿やコップも凝っていて、こだわりが感じられます。

夏にこの縁側で飲むドリンクは最高なのですが(姉は前ビール呑んでた)
普段はよくビスコッティとコーヒーを頂きます。あの組み合わせは最強です。

女主人さんは今日不在でしたが彼女の雰囲気もほんわかしてて大好きです。
ごちそうさまでした〜!

帰りは一花屋さんから30秒のとこにある力餅屋さんで和菓子買って帰りました。

| 1/1PAGES |

PROFILE
絵・旅行大好きイラストレーター。
鎌倉と都内をうろうろ。
話しかけてね。


LINKS

ウチヤマヒロミサイト「soi」

ぶらぶらインド四ヶ月の記録「ぶらぶらインド」

著書「ぶらぶらインド四ヶ月」販売サイト


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM